お知らせ

News

2017.11.17 【体験談】陽だまりニュース「いいね!」②


陽だまりニュース 「いいね!」

 

【レポート内容②】

利用者名:I氏

住所  :岐阜県大垣市

対象商品:ロボットアシストウォーカー RT.Ⅱ

レンタル開始日:2016年8月~

お話を聞いた相手:本人

週2回この坂道を登って、近くのスーパーまで買い物に出かけられています。

Q.ロボットアシストウォーカーを導入した経緯は?

 

A.以前は別の歩行器を使用していて、坂道を登って近くのスーパーまで買い物に行っていたのですが、荷物も多くて、坂道が辛く、怖かったんです。でも行かないと生活できないから我慢して行っていました。そんな時に美濃庄の営業の方から、「新しい商品が出た」ということで紹介して、その場で飛びつきました。

 

Q.最初、ロボットアシストウォーカーを使ってみた時はいかがでしたか?

 

A.思っていた以上に、上り坂は楽に上がっていくし、下り坂は自分でブレーキを掛けなくても自動でブレーキがかかるし、「すっごい良い!」って思いました。それだけでなく、歩行器がしゃべるんです。使い終わったら「お疲れ様でした」、長い距離歩いたら「そろそろ休みませんか?」ってその言葉に癒され、すぐに借りようと思いました。

 

Q.歩行器の変更前と変更後での大きな違いとして、電動アシスト機能が付いていることになりますが、その違いは大きいですか?

 

A.大きいですね。今まで買い物に週1回も行けなかったのが、今では週2回ぐらいは行けるようになりました。私は花が好きなので、いっぱい買って帰ってくるのですが、重たい荷物を載せても楽々操作できるので、本当に楽させてもらっています。買い物に限らず「出かけたい」と思った時に、迷うことなく出かけられるようになったのは有りがたいです。

最近の話では、先日この歩行器で花火大会に出かけてきました。昨年は友人の車で出かけたのですが、今年はちょっと無理だったようで、歩行器を使って出かける事になったんです。今まで行ったことも無い距離、場所だったので心配だったのですが、問題無く行けました。花火を見れたこともうれしかったのですが、あれだけの距離を歩けたのが、うれしかったし、自信になりました。

 

Q.長い距離を歩けるようになったというのは、生活自体も変わりましたか?

 

A.今までは出かけたら買い物だけという一つの目的しか達成できなかったが、今では買い物に出たついでにカラオケに行くようになったし、役場にも出かけれるようになって、生活の範囲が広がりました。誰の手も借りずに、自分の足で行けるようになって、買い物でも今まで以上にゆっくり、時間をかけていろんなところを見る事が出来ています。

それ以外に、交流のある近所の方にも定期的に会えるようになったのはうれしい。相手の方も体調が思わしくなく、電話やメールするのも気を使っていた。今では家の前を通って、お見えになれば顔を見て話をしたり、どこかに出かけた時のお土産を渡したり、何より元気な顔を見れるようになったことがうれしい。

 

Q.これからこの歩行器を利用して、どのような生活を送りたいと考えて見えますか?

 

A.何かに挑戦してみたいという事はなく、私は人との出会いを大事にしていって、同じ町内、近所の方との交流が自分自身の生きがいでもあるので、そのことが継続できればありがたいと思っています。

 

 

 


PAGE TOP